乾燥肌 無添加石鹸

MENU

乾燥肌に無添加石鹸が効かないのはなぜ?

 

乾燥肌には無添加石鹸を。昔から聞く言葉ですが実際の利用者からは全然効果が無いという声もあるようです。ではこれはデマなのでしょうか?

 

無添加石鹸ってどんな石鹸?

無添加石鹸と言うのは界面活性剤や合成着色料、人工防腐剤や香料などを配合せず石鹸素地と水だけで作られている石鹸のことを言います。

 

シンプルな2種類の成分表、ホームセンターやドラッグストアでならよく見かけますね。

 

無添加石鹸のメリット
  • 添加物は無配合のため肌に刺激を与えずやさしく洗える。
  • 実はきちんと泡立てることで十分な洗浄力がある。
  • 肌に必要な潤い成分を落とし過ぎない。

 

無添加石鹸のデメリット
  • 防腐剤不使用のため使用期限が早い。

 

という感じでメリットの多い無添加石鹸ですが、乾燥肌に使用する場合はこれだけでは足りないのです…

乾燥肌に必要な無添加石鹸と有効成分

肝心な保湿作用については、潤い成分を落とし過ぎないようには出来ても、それ以上与えることは出来ません。そのため、肌質によって何らかの有効成分を与えなければいけません。

 

乾燥肌で敏感肌の場合

実は無添加石鹸でも保湿の効果を体感しにくい方のほとんどが乾燥肌で敏感肌やアトピー肌の場合です。もし自覚がなくても疑う必要があるかもしれません。

 

敏感肌やアトピー肌の方は肌の角質が乱れて保湿の構造(ラメラ構造)が崩れているケースが多いです。そのため、うるおいを保持しておくことが出来ないのです。これでは水分はどんどん蒸発していきますね。

 

バリア力を補える無添加石鹸を

乾燥肌に必要な無添加石鹸とは、ただ潤い成分を配合しているだけでは意味がありません。

 

人工化合物を配合せず天然のバリア成分を配合した石鹸が最適です。洗浄と同時に肌の潤いを逃がさないようにしなければ保湿とはいえませんね。

 

バリア成分は内側からの蒸発も防ぎ、外からの刺激も防ぐ。そうすることで肌の構造の自然回復を促進させてあげるのです。

 

バリア力を補える無添加石鹸はどれ?